ワキガ・多汗症(ボツリヌストキシン、剪除法、削除法、切開法、反転法)

診療科目一覧 ― 美容外科 身体の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/ワキガ・多汗症 > ワキガ治療:ベイザー法)

ワキガ治療:ベイザー(VASER)法 銀座本院限定

ワキガの手術 ベイザー(VASER)法について

こんな方にお勧め

  • 重いワキガを治したい方
  • 再発しない方法で徹底的にワキガを治したい方
  • 傷跡を気にされる方

シンシアのワキガ手術 ベイザー(VASER)法

わきがの徹底的な治療法の1つとして、ベイザーによる治療をお勧めします。

脂肪吸引・脂肪注入でも使用しているベイザー(VASER)・ベイザー波を使いワキガの原因になる汗の腺(アポクリン腺・エクリン腺)にダメージを与え、ワキの下を1~2cm切開して先端に穴の開いたカニューレで吸引します。

特徴 1

ベイザー波の超音波振動により血管や神経を傷つけることなく治療。

特徴 2

ベイザー波で皮下脂肪層を遊離・乳化することで施術時間が短い。

特徴 3

手術後の回復が早い。(索条組織が温存されるためタイトニング(引締め)効果が現れる)

治療の流れ

カウンセリング

患者様のご希望をお伺いし、治療内容について患者様がご納得いくまでご説明いたします。

マーキング

皮膚の切開線のマーキングを行っていきます。

麻酔

手術箇所に局所麻酔をする前に笑気ガスと不安の無い静脈麻酔を行い、痛みをほとんど感じずに 局所麻酔を行います。

手術

ワキのシワに沿って、1~2cm切開
     ↓
汗の腺(アポクリン腺・エクリン腺)をVASER(ベイザー)で溶解します
     ↓
開部よりカニューレを挿入し、溶解された汗腺を吸引していきます。
     ↓
縫合し皮膚を縫い合わせます。

術後

手術後は1~2時間程お休みをいただいてから帰宅可能です。手術の当日は、出来るだけ安静を保ち、ワキに負担がかからないようにして下さい。

術後に関して

当日は、シャワー・入浴が出来ません。翌日からは、ワキを濡らさないようにしていただければ、シャワーは可能です。
術後は、腫れ・内出血が1~2週間程度気になる場合があります。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ