ワキガ・多汗症(ボツリヌストキシン、剪除法、削除法、切開法、反転法)

診療科目一覧 ― 美容外科 身体の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/ワキガ・多汗症 > ワキガ治療:剪除法(削除法・切開法・反転法)

ワキガ治療:剪除法(削除法・切開法・反転法)渋谷院限定

ワキガの手術 剪除法(削除法・切開法・反転法)について

こんな方にお勧め

  • 重いワキガを治したい方
  • 再発しない方法でワキガを治したい方
  • 遺伝でワキガになってしまった方
  • 出来るだけ費用を抑えたい方

シンシアのワキガ手術 剪除法(削除法・切開法・反転法)

シンシアでは、皮下にあるアポクリン腺とエクリン腺を切除する治療法として、剪除法(削除法・切開法・反転法)を行っています。

ワキの下のしわに沿って切開し、そこから皮膚を反転させ、アポクリン汗腺を含んだ皮下組織をハサミで切除していく手術法です。ワキガの再発率がもっとも低く、効果的な方法とされています。

※入院の必要はありません

剪除法(削除法・切開法・反転法)は、保険が適用される場合があります。

医師の判断基準としては、切開によるアポクリン汗腺の確認、嗅覚による判断とされています。
症状によっては保険が適用できない場合もございます。予めご了承ください。

治療の流れ

カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。その上で効果と副作用のバランスを考えながら最も適した治療法を決めていきます。

マーキング

皮膚の切開線や汗腺を除去する範囲のマーキングを行っていきます。

麻酔

手術箇所に局所麻酔を行います。追加で静脈麻酔を行う場合もあります。

手術

切開腺をおよそ4~5cm程度とり皮膚を反転させ直視下に汗腺を除去していきます。 皮膚が浮かないように深部組織と皮膚を関連付け、皮膚を縫合します。状態によってドレーンを挿入することもあります。

術後

創部を固定します。手術後は1~2時間程お休みしていただいてから帰宅可能です。手術の当日は出来るだけ安静を保ち、ワキに負担がかからないようにして下さい。

術後に関して

当日は、シャワー・入浴が出来ません。翌日からは、ワキを濡らさないようにしていただければ、シャワーは可能です。術後は、腫れ・内出血が1~2週間程度気になる場合があります。また、軽い痛みや引っぱられる又は引きつる感じがしばらく続きます。

リスクについて

  • 麻酔薬に対するアレルギーなどの異常反応
  • 内服による薬疹・胃部不快感・下痢などや軟膏による(かぶれ)が出ることがあります。
  • 術後出血;出血して腫れた状態になると痛みや広範囲な出血斑を生じます。
  • 手のむくみ;ワキの圧迫で一時的に生じることがあります。
  • 知覚異常;ワキや手指・上腕に知覚低下や知覚過敏が一時的に生じることがあります。
  • テープかぶれ;皮膚に発赤・水疱・色素沈着を生じることがあります。
  • 漿液腫;術後少し経ってから黄色い透明な液が皮下に溜まることがあります。
  • 皮膚の血行障害;手術範囲が広い、術後出血した、再手術であるなどや、喫煙や肥満体形によって皮膚に血行障 害が起きると、水疱・表皮剥離・皮膚潰瘍・傷が開くなどが生じるリスクがあります。
  • 創感染;細菌感染して化膿する状態
  • 皮脂の貯留、毛包炎、囊腫形成(感染すると皮下膿瘍)を生じることがあります。
  • 皮下硬結;皮下が部分的に、あるいはスジ状に硬くなることがあります。
  • 拘縮;皮膚にしわが寄って硬くなり、突っ張り感が出ることがあります。
  • 肥厚性瘢痕;傷跡が赤く硬く盛り上がることがあります。
  • 色素沈着;術前からある場合や体質によっては残ることがあります。
  • 代償性発汗;多汗症を伴っている場合、術後に他の部位からの汗の量が増えることがあります。
  • 思春期早期でワキ毛がまだ生えそろっていない状態で手術する場合、術後にワキ毛の成長と共にアポクリン汗腺 が再び発達し、腋臭が再発することがあります。臭いが強ければ再手術が必要になります。

料金

初診料or再診料、麻酔代、処方薬代は別途いただきます。約45,000円

よくある質問

ワキガ治療をすると脱毛効果があるって本当ですか?

ワキガ治療でも減毛効果がありますが、減毛効果を追求しすぎると皮膚のダメージに繋がることがあります。
脱毛をしたい方は、医療レーザー脱毛を受けた方がキレイで効果もあります。

手術痕は残りますか?

皮膚にもともと存在している線に沿って切開するのでかなり目立たなくなることがほとんどですが、術後経過によって目立つ場合もあります。

治療のために「手術」と聞くと心配です。痛みはありますか?

十分な麻酔を行いますので、手術中の痛みは心配ありません。術後は痛み止めをお出ししていますが、それほど強い痛みではなかったと言う患者様が多いです。

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ