ワキガ・多汗症(ボツリヌストキシン、剪除法、削除法、切開法、反転法)

診療科目一覧 ― 美容外科 身体の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/ワキガ・多汗症 > フォーミュラシェーバーシステム(クワドラカット後継)

フォーミュラシェーバーシステム (クワドラカット後継)渋谷院限定

最小限の傷跡、治療時間の短さ、回復が早い

ワキガの治療は臭いのもとになる汗の腺(アポクリン腺・エクリン腺)を除去が目的となります。 切開法・剪除法など切開する場合、手術跡が大きく(4~5cm程度)、肌に引きつれなどが残るなどのリスクも高いという弱点があります。

このようなリスクが少ない治療としてシンシア渋谷院では、フォーミュラシェーバーシステムによる治療をお勧めします。

世界有数の医療機器メーカー ストライカー社のフォーミュラシェーバーシステム(旧クワドラカットシェーバーシステム)はワキの下に開けた4~5mmの孔から特殊な器具を差し込み、汗腺を破壊しながら吸引する最新のワキガ治療法です。

こんな方にお勧め

  • 重いワキガを治したい方
  • 再発しない方法でワキガを治したい方
  • 遺伝のワキガを治したい方
  • ワキボトックスで効果を感じられなかった方
  • 傷跡を気にされる方
  • 皮膚の質感の悪化を抑えたい方
  • 子供のワキガを治したい方

シンシアのワキガ手術 フォーミュラシェーバーシステム(旧クワドラカット)

特殊な形状をした皮膚を保護する外筒と高速で振動する刃がついた内筒で構成されたカニューレを4mmから5mmの孔に差し込み、ワキガの原因となっているアポクリン腺・エクリン腺を破壊し吸引除去する方法です。

切開して直視下に行う手術とほぼ同等にアポクリン腺をほとんど残さずしっかり取り除き、しかも傷跡が小さく、身体にも負担が少ない治療法です。

子供のワキガ治療としても適している治療法として、シンシアではお勧めします。また、ダウンタイムも短く日常生活に支障が少ないので入院の必要はありません。

治療の特徴

特徴1.最小限の傷跡

使用する器具の管が細いのでワキの下の切開が4~5mmですむ。 (剪除法はワキの下の切開が4~5cm)

切開部分が小さいので、傷跡も小さく半年後には殆ど目立たなくなります。また皮膚の質感の低下のリスクも切開を伴う手術よりも少なくなっています。

特徴2.手術時間が短い

両ワキの治療は約1時間(剪除法はワキの治療として1~2時間)

特徴3.手術後の傷跡圧迫が短く回復が早い

傷跡が小さいので圧迫の日数が短くまた回復も早いきれいな傷跡にするため、傷跡の固定・安静・保湿目的で両ワキをテーピングで圧迫します。(傷跡が大きければテーピングの範囲も大きく固定・回復に時間がかかります)

特徴4.アポクリン腺・エクリン腺の除去率が高い

フォーミュラーシェーバーシステムはアポクリン腺・エクリン腺を破壊し除去するための設計思想となっているため、切開して直視下に行う手術に匹敵する除去が可能となっており再発しにくい。

特徴5.若年者のワキガにも対応

切除部分が小さく傷跡が目立たず、治療時間も短いので若年者(概ね15歳~)も治療に対応できます。痛みも少なく、ダウンタイムも短い身体に優しい治療です。

治療の流れ

カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。この時あなたのワキの臭いをガーゼ等で確認し、その程度を客観的に診断します。その上で効果と副作用のバランスを考えながら最も適した治療法を決めていきます。

マーキング

皮膚の切開線や汗腺を除去する範囲のマーキングを行っていきます。

麻酔

手術箇所に局所麻酔を行います。追加で静脈麻酔を行う場合もあります。

手術

ワキのシワに沿って、4~5mmの孔をあける
     ↓
切開部よりマイクロシェーバーを挿入し、汗腺を削除しながら吸引していきます。
     ↓
皮膚が浮かないように深部組織と皮膚を関連付け、皮膚を縫合します。
状態によってドレーンを挿入することもあります。

術後

手術後は1~2時間程お休みしていただいてから帰宅可能です。手術の当日は、出来るだけ安静を保ち、ワキに負担がかからないようにして下さい。

術後に関して

当日は、シャワー・入浴が出来ません。翌日からは、ワキを濡らさないようにしていただければ、シャワーは可能です。術後は、腫れ・内出血が1~2週間程度気になる場合があります。また、軽い痛みや牽引感がしばらく続きます。

治療を受けられない方

  • 妊娠中の方・妊娠の可能性のある方
  • 術後すぐに肉体労働をしないといけない方
  • 血が止まりにくくなる薬、血液をさらさらにする薬を服用されている方
  • これまでに局所麻酔でアレルギーなどの問題の起きた方

リスクについて

  • 麻酔薬に対するアレルギーなどの異常反応
  • 内服による薬疹・胃部不快感・下痢などや軟膏による(かぶれ)が出ることがあります。
  • 術後出血;出血して腫れた状態になると痛みや広範囲な出血斑を生じます。
  • 手のむくみ;ワキの圧迫で一時的に生じることがあります。
  • 知覚異常;ワキや手指・上腕に知覚低下や知覚過敏が一時的に生じることがあります。
  • テープかぶれ;皮膚に発赤・水疱・色素沈着を生じることがあります。
  • 漿液腫;術後少し経ってから黄色い透明な液が皮下に溜まることがあります。
  • 皮膚の血行障害;手術範囲が広い、術後出血した、再手術であるなどや、喫煙や肥満体形によって皮膚に血行障 害が起きると、水疱・表皮剥離・皮膚潰瘍・傷が開くなどが生じるリスクがあります。
  • 創感染;細菌感染して化膿する状態
  • 皮脂の貯留、毛包炎、囊腫形成(感染すると皮下膿瘍)を生じることがあります。
  • 皮下硬結;皮下が部分的に、あるいはスジ状に硬くなることがあります。
  • 拘縮;皮膚にしわが寄って硬くなり、突っ張り感が出ることがあります。
  • 肥厚性瘢痕;傷跡が赤く硬く盛り上がることがあります。
  • 色素沈着;術前からある場合や体質によっては残ることがあります。
  • 代償性発汗;多汗症を伴っている場合、術後に他の部位からの汗の量が増えることがあります。
  • 思春期早期でワキ毛がまだ生えそろっていない状態で手術する場合、術後にワキ毛の成長と共にアポクリン汗腺 が再び発達し、腋臭が再発することがあります。臭いが強ければ再手術が必要になります。
  • 効果・実感には個人差があります。

料金

両ワキ 300,000円 他院修正(両ワキ) 350,000円

よくある質問

何歳から手術は可能ですか?

小学生位から手術は可能ですが、体格や本人の意識の程度など、総合的に判断しなければなりませんので医師にご相談ください。

手術痕は残りますか?

ワキガ手術による治療は手術痕が残りますが、フォーミュラシェーバーシステムは傷跡が小さく目立ちません。

腕が動かなくなったりしないかとても心配です。

術後に圧迫固定(2日~3日)をします関係で腕が一時的に上がりづらくなりますが、固定抜去後は若干引きつる感じがしますが徐々に解消されます。

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ