ジュビダーム(ヒアルロン酸)注入治療 コスメディカルクリニックシンシア 東京銀座・渋谷

診療科目一覧 ― 美容外科 顔の施術メニュー

ジュビダーム(ヒアルロン酸)厚生労働省認可

アラガン社のジュビダームビスタシリーズをご紹介します。製造方法によって大きく2つに分けられます。

【VYCROSS®技術】・・・詳しくはこちら

【HYLACROSS™技術】・・・詳しくはこちら

※「XC」とはキシロカイン(Xylocaine)の略で局所麻酔の一種です。

ジュビダームビスタ®ボリフトXCの特徴

最新の技術でなじみが良く仕上がりが自然な柔らかいタイプのヒアルロン酸

JUVEDERM(ジュビダームビスタ®ボリフトXC)

今までのヒアルロン酸に加えて、新たにジュビダームビスタ®ボリフトXCが登場しました。 ボリューマXCより柔らかく滑らかなので、皮下に薄く充填する浅いシワへの注入に適しています。

ボリューマXC同様に長期持続性があり、水分を吸収しないのでイメージ通りの仕上がりが実現できます。 注入時の痛みを和らげる薬剤が配合されています。

皮膚の浅い部分、特に法令線やマリオネットライン、頬やこめかみなどに適しています。 ボリューマXCとの組み合わせ治療により、さらにイメージ通りの仕上がりと自然な表情を実現することが可能となりました。


こんな方にお勧めです。

  • ちりめんジワなど細かいシワが気になる
  • 額や法令線など加齢によってできたシワをなくしたい
  • 注入しても他人に気づかれることなく自然に若返りたい

ジュビダームビスタ®ボリューマXCの特徴

若さと美しさを同時に実現できる新しいヒアルロン酸

JUVEDERM(ジュビダームビスタ®ボリューマXC)1cc90,000円

今までのヒアルロン酸の概念を覆す画期的なヒアルロン酸です。 ジュビダームビスタ®ボリューマXCは、適度な硬さを持っているため加齢によるボリュームの減少を補います。 特に、顔のくぼみやタルミ・シワの改善に効果的です。注入時の痛みを和らげる薬剤が配合されています。

治療効果は約2年間と長期持続性を持っています。水分を吸収しにくいため、注入時のイメージに沿った仕上がりが期待できます。更に、加齢で減少したボリュームに対し、弾性と凝縮性のバランスによりをしっかりとしたリフト力を維持します。

老化によって顔の骨量が減少し骨格がやせ細っていくことが、シワやタルミの原因と言われています。ジュビダームビスタ®ボリューマは、失われたボリュームを補い、フェイスラインを整えることで若々しく美しいお顔を実現できます。

こんな方にお勧めです。

  • お顔全体の印象を若返らせたい
  • アゴを出してフェイスラインを美しくしたい
  • 口周りをリフトアップしたい

ジュビダームビスタ®ウルトラXCの特徴

注入時の痛みを和らげるリドカイン配合!

  • 即日治療可
  • 痛みを緩和
  • 効果が長い
  • 自然な仕上がり

当院では新しいジュビダームUltraシリーズ として、厚生労働省が認可した麻酔薬入りヒアルロン酸製剤(ジュビダームビスタ®ウルトラXC)を導入しました。

麻酔薬入りヒアルロン酸製剤(ジュビダームビスタ®ウルトラXC)は、初めてのヒアルロン酸注入で痛みが心配な方や痛みに弱い方にもストレス無くお受けいただける優しい製剤です。

こんな方にお勧めです

  • お顔にメリハリをつける
  • ゴルゴ線等の深いシワの解消
  • ほうれい線
  • マリオネットラインが気になる方

ジュビダームビスタ®ウルトラ2の特徴

少量タイプのヒアルロン酸

ジュビダームウルトラ2は、ジュビダームビスタ®ウルトラXCと同じ硬さで、比較的やわらかく、シワを浅くすることや涙袋・口唇の形成に向いています。ジュビダームビスタ®ウルトラXCの1本分容量が1.0mlであるのに対して、ジュビダームウルトラ2は一本0.55mlと少量で十分な部位に向いています。

ジュビダームは、アラガン社独自の技術「HYLACROSS技術」によって製造され、凝集性の3Dマトリックス構造で、酵素分解されにくくなっています。顆粒感が少ないなめらかで均質な材質、均一な押出し特性で、自然な仕上がりが期待できます。数あるヒアルロン酸製品のなかでFDAが始めて1年間の効果持続を認めたジュビダームUltra&UltraPlusは分解速度の遅い3次元架橋構造を持ちシワの改善やプチ整形に非常に適しています。

こんな方にお勧めです

  • 涙袋をふっくらさせたい
  • 魅力的な唇にしたい

症例写真

症例 1

この症例に関する院長のブログはコチラ

41歳 男性
施術名 ほうれい線:ジュビダームビスタ 3cc
施術内容 中顔面・メイラーファット、ほうれい線の部分のボリュームのロスが顕著なので、若返りをはかるため注入を行ないました。
リスク 注入部分に腫れや内出血、つっぱり感、熱感が出ることがあります。事前に局所麻酔をするため施術後1時間程度注入した部分周辺が白くなります。
費用 108,000円 2016年10月

症例 2

この症例に関する院長のブログはコチラ

26歳 女性
施術名 涙袋:ジュビダームビスタ 3cc
施術内容 涙袋があまりないということで、ヒアルロン酸で涙袋形成を行ないました。初回でも1年以上持続することがほとんどです。
リスク 注入部分に腫れや内出血、つっぱり感、熱感が出ることがあります。入れ過ぎると皮膚が透けて独特の透明感が出てしまって不自然なだけでなく、知らないうちに大きくなりすぎてしまいます。
費用 30,000円 2016年6月

治療の流れ

カウンセリング

希望部位や患者様のご希望をお伺いし、治療内容について患者様がご納得いくまでご説明いたします。患者様のご希望に合わせて最適なヒアルロン酸をご用意いたします。

麻酔

注射の際の痛みを減らすため、麻酔入りの製剤を使用したりクリーム麻酔や局所麻酔を使用して痛みを和らげます。

注入

患者様のご希望に沿ったデザインで適量のジュビダームを注入していきます。

注入後

施術後はメイクをしてそのままお帰りいただけます。
施術後は注入部位に刺激を与えないで下さい。

VYCROSS®技術とは

高分子量と低分子量ヒアルロン酸を混合して架橋することで、網目構造をより密にしました。

  • 酵素分解されにくい「長期持続性」約12~18ヶ月
  • 膨潤しにくい「低吸水性」
  • 表情に合わせた仕上がり「組織親和性」

HYLACROSS™技術とは

ランダムな形状と粒径をもつ架橋ヒアルロン酸ゲル粒子に、非架橋ヒアルロン酸を混合、均質化することによって、なめらかな粘調性ゲルにしました。

  • 顆粒感がない
  • なめらかな質感
  • 自然な仕上がり

よくある質問

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ