フェイスリフト(トータル(フル)フェイスリフトSMAS法、部分フェイスリフト(前額リフト・ミニリフト)、シンシアシグネチャーリフト)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

HOME > 診療科目一覧 > 美容皮膚科/お肌の若返り治療 臍帯血再生因子治療

最新施術 シンシアの臍帯血再生因子治療

臍帯血再生因子HS-CM100

こんな方にお勧めです

  • 肌の衰えが気になる方、肌のハリをだしたい方
  • 肌のしわや毛穴に開きが気になってきた方
  • 肌のシミやくすみがきになってきた方、
    全体的な美白を希望の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 乾燥肌
  • 赤ら顔

臍帯血再生因子療法とは

信頼できる産婦人科から集められた臍帯血に含まれる幹細胞を信頼できるラボにて培養しその上清液に含まれる圧倒的に濃厚な成長因子(再生因子・サイトカイン)を皮膚に導入していく治療です。
※成長因子(再生因子・サイトカイン)とは細胞を活性化するたんぱく質の総称で、炎症や傷の修復効果があり、肌細胞や肌機能の改善を促します。

個人差はあるものの施術後数日~数週間後に

  • 肌感触が柔らかくモチモチに
  • 肌色が明るくなった感じ
  • ファンデーションのノリの改善
  • 目尻や目の下のシワやたるみ感の改善

などの実感が出てきます。 また肌質の改善に伴いアトピー性皮膚炎や大人ニキビ、乾燥肌、赤ら顔などの悩みにも効果を発揮します。

シンシアの臍帯血再生因子治療の特徴

特徴 1 信頼できる臍帯血再生因子製剤HSCM-100を使用

i 脂肪幹細胞由来や他の骨髄幹細胞由来成分、ノーブランドの臍帯血再生因子製剤よりも圧倒的に”成長因子”濃度が高い!

HS-CM100(幹細胞培養上清液)の再生因子と、脂肪肝細胞由来の成長因子は種類・濃度が大きく異なります。(下図のグラフ参照)※再生因子は、幹細胞から分泌されるサイトカインという500〜700種類のたんぱく質の総称をいいます。クリニックによっては”臍帯血再生因子”としながら、脂肪肝細胞由来・骨髄幹細胞由来などを使用したり、ノーブランドの成長因子が非常に希薄は臍帯血再生因子製剤を使用していることがあります。シンシアは、本物の臍帯血再生因子HS-CM100を使用し安全に治療を行っております。

ii HSCM-100の安全性について

臍帯血再生因子HSCM-100は、多分化能幹細胞研究に注力している世界最大規模の臍帯血バンクをもつ製薬会社ヒューコード社(韓国)で製造されています。

ヒューコード社は2003年に世界で初めて臍帯血から幹細胞の抽出に成功したバイオ分野のリーディングカンパニーです。自社で産婦人科病院を運営し、臍帯の採取、保管、管理、製品の製造までを一元化した環境で行い、より安全な臍帯のみを母親の承諾を得て収集することのできる、世界でも数少ない臍帯血バンクの一つです。

世界でも特に権威のある学術誌「ネイチャー」が、ヒューコード社の技術力と臨床水準の高さを評価し、臍帯血幹細胞治療企業の中で、世界6大企業に選出しています。

iii HSCM-100の法適合性について

現在日本では再生医療法の施行により、臍帯血そのものを臨床に使用することはできませんが、臍帯血培養上清は細胞成分を含まないため、クリニックで使用することが可能です。


特徴 2 臍帯血再生因子製剤HSCM-100の効果をを最大限に引き出す3つの治療法

臍帯血再生因子HS-CM100SFを肌へ投与する場合、シンシアでは3種の方法があります。
※施術1回あたりのHSCM-100の投与量:1.5ml/1vial (顔全体に塗布できる容量です。)

ⅰ オスモインジェクター おススメ

※40Gという極細でスリットの入った特殊な針を使いスパイラル・ニードルオスモ理論によって、確実に薬液を真皮層に浸透させます。

赤みなどのタウンタイムも殆どの場合当日中に気にならない程度まで改善します。

低侵襲、ノーダウンタイム、滅菌効果の高い24Kピュアゴールド・コーティング針使用

ii ダーマペン おススメ

Dermapenは12本の細い針から構成されています。
この12本の針で皮膚に微細な穴を数多くつくることによって皮膚のバリアーを突破してHSCM-100の成長因子を大量に導入することが可能です。

また大量の小さな穴をあけるという行為自体で皮膚の自然な再生能力を刺激し、新しいコラーゲンの産生を増加させることも可能となっています。

iii ナパージュ法

医師が注射器と細い針を使用して薬剤を細かく導入していきます。 目のキワ、上まぶたなどオスモインジェクターやダーマペンで導入しづらい部分を重点的に行うことも可能です。

施術料金

  • 臍帯血再生因子療法(HSCM-100)・・・ 80,000円
  • オプション
    ダーマペン導入・・・ +0円
    オスモインジェクター導入・・・ +15,000円/回
    ナパージュ法・・・ +40,000円/回

注意事項

  • 施行部位に悪性腫瘍、増殖性のイボがある方は受けることができません。
  • お顔に金の糸などの糸を入れている方は、医師にご相談ください。
  • 妊娠中または授乳中の方は受けることができません。
  • ケロイド体質の方やアレルギー体質の方は、医師にご相談ください。

症例写真

症例 しわ減少 65歳女性


症例 しわ減少・きめ・弾力向上・毛穴縮小 61歳女性


症例 皮脂量の減少・ダークサークル緩和・きめ・はり向上 31歳女性


症例 アトピー性皮膚炎

施術の流れ

カウンセリング

希望部位や患者様のご希望をお伺いし、治療内容について患者様がご納得いくまでご説明いたします。

麻酔

注射の際の痛みを減らすため、クリーム麻酔を使用して痛みを和らげます。

注入

患者様のご希望に沿った部分の肌へ、臍帯血再生因子を注入していきます。

注入後

施術1時間後から、メイクをしてそのままお帰りいただけます。
施術後は注入部位に刺激を与えないで下さい。
※2週から1か月に1度の治療を複数回行うことにより、数か月かけてお肌の状態が改善されていきます。

ご相談・ご予約

よくある質問

プラセンタと何が違うのですか?

プラセンタは胎盤のことですが、胎盤まではお母さんの血液、へその緒は赤ちゃんの血液です。胎盤の内と外で血液型が変わることからもわかるように臍帯血は赤ちゃん側の血液です。プラセンタは、酵素洗浄した胎盤から採取したもので、主な成分はアミノ酸となります。臍帯血再生因子HS-CM100は、成長因子そのものとなっています。

どのくらいの頻度で施術を受ければいいですか?

肌のキメやハリ、シミ、毛穴縮小、小ジワといった肌の若返りでしたら、約2週間おきに4回の施術がすすめられています。肌の状態を見ながら施術間隔と回数を調節してください。ニキビ痕やキズ痕の修復、アトピー性皮膚炎や毛髪再生ですと8回の施術が目安となります。

痛みはありますか?

治療用に極細針0.6mmを使えば、痛みはほとんど気になりません。効き目の高い麻酔クリームを塗布した後に施術しますので、痛みに敏感な方や心配な方も安心して治療をお受けいただくことができます。

ダウンタイムはありますか?

施術後は、施術部位が赤くなりますが、数時間で目立たなくなります。皮膚が敏感な方でも、24時間以内で赤みは治まります。

施術後、どのくらいで効果を実感できますか?

術後2~3日くらいは化粧のりが悪いと感じる方もおられますが、次第に新しい皮膚に生まれ変わっていきます。1回目で実感しにくい方も、2週間~1ヶ月ほどの間隔で、2回目、3回目と継続していくと、実感していただけるようになります。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ