【GLP-1ダイエット】痩せホルモンで無理なく痩せる コスメディカルクリニックシンシア 東京銀座・渋谷

診療科目一覧 ― 美容外科 身体の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > GLP-1ダイエット

GLP-1ダイエット

GLP-1ダイエットは…

痩せホルモン(GLP-1)が食欲を抑え、
自然に痩せながら太りにくい体を作ります
いつもの生活にGLP-1をプラスするだけの
簡単ダイエット

GLP-1ダイエットは、ひとことで言えば「頑張らなくても良いダイエット」です。
様々なダイエットを試しているのになかなか痩せられない…という方に、とくにお勧めします。

GLP-1は、痩せホルモンとも呼ばれており、体に取り入れることで食欲を抑えるため、少ない食事量でも十分満足できるようになります。
また、継続することで基礎代謝も上がり脂肪も分解されやすくなるため、痩せやすく太りにくい体を作って行くことが可能です。

※GLP-1は、アメリカのFDAやEUなどでも肥満治療薬として認可されている安全なお薬です。

こんな方にお勧めです

  • 食べるのを我慢できない方
  • ダイエットが続かない方
  • 運動が苦手な方
  • 痩せてもリバウンドしてしまう方

GLP-1とは

GLP-1…食事中~食後にかけて小腸から分泌される、膵臓のインスリン分泌を促進するホルモンです。分泌量には個人差があると言われています。
インスリン…食後など血液中の糖の量が多いときに、細胞(脂肪細胞を含む)に糖を押し込んで血液中の糖分の量を減らすホルモンで、摂取することで血糖値を下げます。

糖尿病というのは、血液中の糖分が高いままになってしまう病気です。
血液中の糖分が高いと血管が劣化してきて詰まってしまい、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となりますので、医療機関での治療が必要となります。
重度の糖尿病患者の治療としてインスリンを自己注射を行う場合、インスリン注射の治療補助として行う治療や症状が軽い場合に行う治療がいくつかあります。

その一つがGLP-1です。 ※GLP-1は日本では糖尿病薬として正式に認可されている薬です。
GLP-1を注射することで自分の膵臓からのインスリンの分泌が増え、血糖(血液中の糖分)が細胞に押し込まれて血糖値が減り、糖尿病のコントロールに役立ちます。

ただしここで注意しなければならないのは、インスリンの作用によって血糖を下げることとダイエットは全く関係が無いということです。
むしろ細胞の中に糖を押し込んでいるため、ダイエットの逆にもなりかねません。

GLP-1が痩せホルモンと呼ばれる理由

GLP-1(日本では糖尿病の薬として認可)の副作用がダイエットに役立ちます。

GLP-1には糖尿病薬としては様々な副作用が存在していますが、ダイエットにつながる副作用としては下記の3つがあります。

つまり、普段の生活でお腹が減らない、食事を前にしても多くの量を食べることが出来ない状態となります。
結果として1日の摂取カロリーが劇的に減りダイエットに繋がるのです。

補助的に

④脂肪細胞における代謝改善
があると言われますが、様々なホルモンとのバランスの中で決まるので確実なものではありません。
※例えばGLP-1はグルカゴン分泌を抑制しますが、グルカゴン自体にも脂肪細胞における脂肪細胞分解促進作用があります。
 このバランスに関する研究は未だ確定的ではありません。

日本において、GLP-1は糖尿病薬としてだけ認可されているので、ダイエットに使用する場合は

GLP-1の副作用で痩せる

ということであり、少し後ろめたい印象があるかもしれません。

しかしながらFDA(アメリカの食品医薬品局)やEUなどでは肥満治療薬として認可されているので、近い未来には日本でも肥満治療薬として認可されうる治療法なのだと受け止めていただいて良いかと思います。

※糖尿病患者で肥満がある場合は内科で保険診療にてGLP-1ダイエットをすることが可能です。
 糖尿病がある場合は様々な病態や併用薬剤のコントロールが複雑なのでシンシアでは処方が出来ません。

シンシアのGLP-1ダイエットの実際

シンシアで使用するGLP-1製剤はノボ・ノルディスクファーマ社のビクトーザ皮下注18mg 。
毎日決まった時間(朝がおすすめ)に1回自分で皮下注射するタイプです。

痩せていて、効果が出やすいタイプの場合は
毎日0.3mgを続ければ十分ですので、シンシアで1回に処方する「ビクトーザ皮下注18mg」1本で、60日近くダイエットを継続することが可能です。

一方、太めの方で食欲旺盛な方の場合
ビクトーザによる効果が出にくい場合は1日1.8mg使用することに成るのでビクトーザ皮下注18mgは10日しかもちません。

【参考】当院院長(168cm70.8kgで開始)の場合は、1ヶ月継続した時点で、1日あたり0.9mgずつ使用していますが、効果も副作用も安定しています。
一方、シンシアのスタッフ(40歳女性162cm54kg)の場合は、腹部不快感の他、頭が重い感じなどの副作用と食欲低下のバランスが1日0.3mgか0.6mgで取れるとのことで、その日の体調に合わせて調整しています。

▼又吉院長によるGLP-1ビクトーザの使い方

GLP-1を糖尿病の治療で使用する場合と肥満治療として使用する場合の違い

GLP-1製剤を糖尿病治療薬として使用する場合・・・ ・

・通常、成人には、リラグルチド(遺伝子組換え)として、0.9mgを維持用量とし、1日1回朝又は夕に皮下注射。

ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で 0.3mgずつ増量する。
尚、患者の状態に応じて適宜増減し、1日0.9mgで効果不十分な場合には、1週間以上の間隔で 0.3mgずつ最高1.8mgまで増量できる。

GLP-1製剤をGLP-1ダイエット(肥満治療)として使用する場合

・1日1回(朝がおすすめ)0.3mgから開始し、腹部不快感などの副作用、食欲に関する効果を見ながら数日ごとに0.6mg、0.9mgと増やしていく。

効果があるなら0.3mgのまま増やさなくても良い。(最大1.8mg)
安定してきたら注射直前の自分の状態によって多少の量の調節をすることも可能。
※ムカムカなどが強い場合は減らしたり、飲み会などの日には少し増やしたりする。
※実際の注射の仕方などは初回に看護師からお伝えします。

ビクトーザがダイエット(肥満治療)に一番向いている理由

シンシアで処方しているGLP1「ビクトーザ皮下注18mg」以外にも、様々な会社からGLP-1製剤が発売されています。
下記はその一例ですが、シンシアが採用しないのには理由があります。

製剤名 タイプ ビクトーザをシンシアが選ぶ訳
ビデュリオン
皮下注用2mgペン、
トルリシティ
皮下注0.75mg
アテオス
など
週に一回
クリニックで注射
○週1回クリニックに行かなければならないため大きな手間となる。
○ダイエットにおけるGLP-1の効果は胃もたれ、食欲不振などで用量依存性であるのに、薬の調節性が悪い。
※毎日自己注射をする場合…その日に調子が悪いと感じた場合は用量を減らしたり、効果が弱いと感じたり効果を強く出したい日(飲み会など)には少し増やすなどの調節が可能。
※週に1回注射する場合…その1週間は激しい副作用に悩まされ続ける、あるいは効果が無いまま過ごすといったリスクが高い。
バイエッタ皮下注
5μgペン300など
1日2回自己注射 ○1日2回の注射が必要なため手間がかかりダイエットには不適
リキスミア
皮下注300μg 
1日1回自己注射
(ビクトーザ以外)
○1日1回10μg~20μgの調節しかない。 効果・副作用に応じて、1日1回0.3mgから1.8mgまで調節可能なビクトーザと比べると薬剤の調節性に大きなデメリットがある。

糖尿病薬として優れている製剤もありますが、ダイエット(肥満治療)目的としては、ビクトーザ皮下注18mgに比べると最適とは言えません。 また、いずれの製剤を使用するにしても、クリニックでの指導が重要なのは変わりません。
※日本では製薬メーカーで治験が行われず、日本では未承認です(自由診療のみ)。

施術料金

シンシアのGLP-1ダイエットの料金はわかりやすく、手の届く料金体系です。
シンシアでのGLP-1ダイエットで処方されるのは

手術・処置 料金(税別)
ビクトーザ皮下注18mg ¥40,000
皮下注用専用針14本 ¥1,000
消毒用アルコール30枚入り ¥1,000
採血(術後の副作用時比較用 初回のみ) ¥5,000

 

処方例

CASE1 1日0.3mgで十分な場合はビクトーザ皮下注18mgを約60日かけて使うことになりますので
約2ヶ月あたり
●ビクトーザ皮下注18mg 40,000円
●皮下注用専用針14本×4 4,000円
●消毒用アルコール30枚入り×2  2,000円
計46,000円/約2ヶ月
CASE2 女性で効果が出やすい一般的な使用量1日0.6mgの場合
約1ヶ月あたり
●ビクトーザ皮下注18mg×1 40,000円
●皮下注用専用針14本×2 2,000円
●消毒用アルコール30枚入り×1  1,000円
計43,000円/約1ヶ月
CASE3 著しく太っていて、元来食欲モリモリでビクトーザの使用量が1日1.8mgになる場合は
約1ヶ月あたり
●ビクトーザ皮下注18mg×3 120,000円
●皮下注専用針14本×2 2,000円
●消毒用アルコール30枚入り×1 1,000円
計123,000円/約1ヶ月

1ヶ月〇〇円というような価格設定と違い、値段設定が明瞭でムダもありません。
もともとの体型により料金も変わりますので詳しくはカウンセリングでお尋ねください。
細めで効果が出やすい方と太めで薬の効果が出にくい人では料金が異なります。

※なお、WHO報告など国際標準においては、「自己皮下注射時にアルコール消毒をした場合としていない場合の局所の感染リスクに有意差は無い。」という結果が出ており、自己注射で消毒をするのは少数派と言われています。 よってアルコール消毒キットは希望がなければ購入しなくても結構です。

シンシアのGLP-1ダイエットは、余計なコストをかけていないから、リーズナブルな価格設定が可能なのです!

シンシア 5つのNO!!

1. NO!!サプリメント
高額サプリメントで痩せるなら、医療に頼る必要ありません。
少なくなった食事摂取の中で、バランスの良さを心がけるだけで十分です。
2. NO!!専門アプリ
専用ダイエットアプリなど必要ありません。
ダイエットアプリは、GOOGLE PlayストアやアップルのApp Storeからいくらでも無料でダウンロード可能です。
3. NO!!食事指導
GLP-1ダイエットは、自分の今までの食生活と関係なく食欲が落ちてダイエットを達成する治療です。
食事指導などをいちいちせずとも、自己判断で用量を調節していくだけで効果を出すことが可能です。
食事指導が必要なGLP-1ダイエットなどは本末転倒です。
薬の用量調節などの、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
4. NO!!健康食品 お茶販売
クリニックが開発した健康食品やお茶が、ダイエットに役立つ理由もなければストレス軽減になる医学的根拠もありません。
GLP-1ダイエットを開始したら自分の好きなモノを、少量、バランスよく食べることでストレス無く栄養不良になることもなくダイエット成功を目指してほしいと考えています。
5. NO!!芸能人 インフルエンサー
芸能人をホームページに載せると年間数百万から数千万の費用がかかります。
インスタグラマーやYouTuberなどのインフルエンサーは1回の記事当たり〇〇万円。あるいは”私の紹介、あるいはページを見た”で流入した患者様の売上の20から30%をインフルエンサーに支払うというのが業界標準です。
GLP-1ダイエットに関しては、ギリギリのコストを目指すため芸能人・インフルエンサーに依頼しません。

注意事項

  • ご自身での皮下注射を行うため、指導時の使用方法を守って治療を行ってください。
  • 自己注射により、稀に内出血などの症状がみられることがありますが、数日で落ち着きます。
  • 糖尿病治療中の方は治療薬の内容により、GLP-1注射療法を受けられない場合があります。
  • その他、甲状腺疾患、膵臓疾患の方についてもGLP-1注射療法が受けられない場合があります。

治療の流れ

カウンセリング

GLP-1(ビクトーザ)ダイエット注射の治療が適しているか、体調や、理想とする体重・体型等、患者様のお話を伺います。

採血・体重測定

血液検査と、処方のために体重測定を行います。

指導

ペン型の注射器(ビクトーザ皮下注18mg)をご自身の皮下に毎日注射するので
使用方法、注意事項の指導を細かく行います。

自宅で治療

ご自宅で患者様ご自身により、毎日注射していただきます。
※指導時の使用法を守って治療を行ってください。

リスク・副作用

治療初期に胃部不快感、胃が張っている感じ、頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
治療を続けていくことで、症状が軽減されていきます。
ただし、副作用が強い場合は医師にご相談ください。

ご相談・ご予約

よくある質問

副作用はありますか?

胃部不快感、便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
使いはじめた頃にあらわれ、数日から数週間で自然となくなります。
嘔吐・悪心・下痢・食欲不振等がみられた場合は、水分を十分補給し、脱水状態に致らないよう注意してください。
ただし症状が長引く場合は、医師にご相談ください。

治療の際、痛みはありますか?

ご自身の皮下に注射を行うので、多少痛みはあります。
しかし治療用の注射針は細く短いので、我慢できない痛みではありません。

食事制限や運動はしなくても本当に痩せるのでしょうか?

無理な食事制限や運動は不要です。
毎日1回の自己注射で自然と食欲が落ち、痩せやすい体へと体質改善していきます。
ただ、健康面を考えバランスの取れた食事や軽い運動をする事をお勧めします。

栄養失調にはなりませんか?

自然に食欲が減り食事量も減って行きます。
それに伴い栄養不足になる可能性はあります。
基本的には、バランスの取れた食事をする事をお勧めしますが、必要であれば補助食品・サプリメントなどで補ってください。

GLP-1は安全ですか?

人間の体で作られる消化管ホルモンを応用した薬を使用した治療法です。
糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けたものを使用しているので、安全性に問題はありません。
GLP-1注射は、2014年にアメリカで、2015年にはEUなど肥満治療薬として承認されています。

GLP-1(ビクトーザ)ダイエット注射で気を付けなければいけないところは何でしょうか?

医師の指導のもと、正しい知識を身に付け、使用法を守ることです。
即効でダイエット効果を求め勝手に容量を増やしたり、1日に2回・3回と注射することは厳禁です。
また毎日決まった時間(朝がお勧め)に注射を行ってください。
注射する時間がバラバラだと、治療効果を得られない時間帯が出てくる場合があります。

糖尿病治療ではないのですか?

GLP-1は日本では糖尿病薬として正式に認可されている薬です。
ページ内にも記載しましたが、GLP-1の強烈な副作用により食欲が減少・満腹感の持続で、1日の摂取カロリーが劇的に減り結果ダイエットに繋がります。

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ