脂肪吸引・痩身・BNLS(ベイザー、コンデンスリッチファット、BNLS、インディバトリートメント、メディカルダイエット)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。ベテラン院長がカウンセリングから手術・術後の経過までをしっかり診療します。

診療科目一覧 ― 美容外科 身体の施術メニュー

HOME > 診療科目一覧 > 美容外科/脂肪吸引・痩身・BNLS > コンデンスリッチファット(CRF)

コンデンスリッチファット(CRF)

高い定着率を実現し、吸引した脂肪を最大限に活かす
最高の脂肪注入

コンデンスリッチファット(CRF)は、採取した脂肪をアメリカFDAが認可した機器でウェイトフィルター(特許)を装着し、外気に触れないまま遠心分離にかけ、石灰化や脂肪壊死の原因になる活きの悪い細胞や破壊された細胞の残骸・油脂などの不純物を除去して精製されたものです。

コンデンスリッチファット(CRF)による脂肪注入は、このコンデンス(濃縮)技術で、精製された健全な濃縮脂肪細胞=コンデンスリッチファット(CRF)だけを注入するため、高い定着率を実現し、吸引した脂肪を最大限に活かせるようになったものです。

コンデンスリッチファット(CRF)の特徴

【Point.1】定着に有利な細胞だけが濃縮

不純物や老化で肥大化した脂肪細胞を徹底除去した濃縮脂肪です。注入する1ccあたりの細胞密度は高まり、より多くの細胞を注入できるようになりました。“通常の脂肪注入の定着率は40%” “脂肪幹細胞注入は定着率80%”ですが、脂肪幹細胞注入では採取した脂肪の半分は幹細胞の抽出のために使用され注入用には使えません。コンデンスリッチファット(CRF)注入は無駄になる脂肪がない上に「定着率」も高く、脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪「定着量」を実現しています。

【Point.2】拒否反応もなく、自然な仕上がり

特殊な濃縮技術によって不純物を取り除き、健全な脂肪のみを無菌状態で注入するコンデンスリッチファット(CRF)は、拒否反応が少なく、触感や見た目も自然に仕上ります。従来の脂肪注入では、注入した脂肪に不純物(死活・老活細胞など)が混在するため、石灰化やしこり、脂肪壊死が起こることもありました。シンシアでは、ベイザーでバラバラにされた脂肪細胞を注入することで移植先で細胞ひとつひとつに血流が行き渡るため、より良い結果を期待できます。(スジコ状態でCRFに加工された脂肪と、イクラ状態でCRFに加工された脂肪では、後者のほうが定着しやすいと考えられます。)

【Point.3】施術時間の短縮

コンデンスリッチファット(CRF)注入術は短時間で脂肪を濃縮できるため、従来の脂肪幹細胞注入に比べると長時間の麻酔・あるいは麻酔のかけなおしをすることもないため、患者様の体への負担が大幅に軽減されています。

症例写真

症例 1 30歳 女性 153cm 47kg

この症例に関する院長のブログはコチラ

症例 2 42歳 女性 161cm 55kg

この症例に関する院長のブログはコチラ

コンデンスリッチファット(CRF)注入の流れ

  1. 専用シリンジで脂肪を摂取コンデンスリッチファット用の専用シリンジを用いて脂肪吸引を行い、外気に触れないまま脂肪を採取します。
  2. チュメセント液(麻酔液)を廃棄1のシリンジを10分間立てておくと、脂肪とチュメセント液(麻酔液)とに分離するので、チュメセント液(麻酔液)のみ廃棄します。
  3. 摂取した脂肪を遠心分離チュメセント液(麻酔液)を廃棄したシリンジを専用機器LIPOMAX-SCにセットし4,000回転で8分間遠心分離します。

    専用シリンジ内の特許ウェイトフィルターによって、遠心分離の際に脂肪にかかる圧力は通常の遠心分離の約25倍になります。この圧力によって老いた脂肪細胞は破砕されてオイルと細胞片になります。(健康な細胞だけが生き残ります)

    ウェイトフィルターには、液体のみを通す小さな孔が開いていて、採取した脂肪から注入に適さない排泄オイル(トリグリ)を分離することができます。
  4. 脂肪が三層に分かれる遠心分離すると、上から排泄オイル(=トリグリ:死活・老化細胞)、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。
  5. 脂肪以外を廃棄三層に分かれた内の、上の排泄オイル(=トリグリ:死活・老化細胞)と下の不純物を廃棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。
  6. コンデンスリッチファットを注入シリンジ内に残った脂肪こそコンデンスリッチファット。これを、ボリュームを出したいバストに注入します。

従来の脂肪注入では、脂肪は空気中で操作されていましたがコンデンスリッチファットでは、全ての段階で空気に触れることなくおこなわれます。このため空気に含まれる菌やホコリによる汚染が起こりづらく、術後の局所感染などのリスクが大幅に低下しました。

よくある質問

>> よくある質問はこちら <<

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ