お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ  【受付】午前10時~午後8時(年中無休)

診療科目一覧
― 美容外科 顔の施術メニュー

フェイスリフト MENU

部分フェイスリフト(前額リフト・ミニリフト)

気になる部分を解消して若々しいお顔へ

額に深いシワが何本も刻まれていると、実年齢よりも老けて見えます。ヒアルロン酸やボトックスなどの治療で、注射をするだけの簡単な治療が、気軽に受けられるようになりました。しかしながら美容皮膚科的なアプローチと、美容外科的アプローチを比べるとやはり適切な美容外科的アプローチの方が、圧倒的な効果を出すことができるのです。

さらに、本来これらは筋肉の走行や靭帯の位置など解剖学的・外科的発想が重要になります。しかしながら最近では、他科医師が見よう見まねで「若返り治療」と称して施術を行っていることがあります。このような医師たちが行う「若返り治療」は、本質をとらえていることがないため、重大な合併症を引き起こしたり、やらない方が良かったというような結果を起こすことが多いのです。

シンシアでは技術を持った医師による高いレベルのフェイスリフトを頂点とした様々な若返り治療を提供しています。

こんな方にお勧めです

治療の特徴

【Point.1】額のシワ取りに・・・前額リフト

コスメディカルクリニックシンシアの前額リフトは、髪の毛の生え際を切開して額の余分な皮膚を切除するやり方です。額のシワに対して効果的です。

剥離は皮膚と筋肉の間で神経(滑車上神経・眼窩上神経)は温存します。傷も目立たなくなります。前額リフトには他に、頭髪内の冠状切開法や内視鏡による方法がありますが、生え際の上昇や効果の観点からシンシアでは行っていません。

【Point.2】眉毛下タルミ取り


切除部位

一重の場合や、もともと二重であったが皮膚のタルミにより二重の幅が狭くなってきた場合、逆まつげや視野の妨げを改善するために、つい眉毛を上げてしまうくせが見られるようになり、額にシワが入ることがあります。この癖は、おでこのシワだけではなく肩こり・頭痛の原因となることもあります。また眉毛を上げた状態は、独特の老人用顔貌ともいえます。

この場合、タルミを切除することが必要になります。二重のラインでタルミを取ることも可能なのですが、場合によっては重瞼線が厚ぼったく見えることもあり、腫れの少ない眉毛下の切開がお薦めになることもあります。手術のその日から額のシワ、肩こり、頭痛、老人用顔貌が改善することも多いです。なお前額リフトを行っても瞼のタルミが強い場合、結局眉毛を上げる癖により早々に額にシワが入ることもあり得ますので、どちらが適しているかは医師にご相談下さい。

【Point.3】部分的なリフトアップ術ミニリフト
(こめかみリフト・頬リフト・ネックリフト)

【Point.4】当院では、手術時の痛みを最大限に緩和するために無痛麻酔を行っております

多くのクリニックでは局所麻酔を用いるのが一般的ですが、当院では局所麻酔前に笑気ガスと不安の無い静脈麻酔を行うことで、ほとんど痛みを感じずに局所麻酔を行っております。

詳しくは麻酔のページをご覧下さい。

施術の流れ

カウンセリング

医師が、患者様のお顔の特徴やタルミの程度を診察します。そして患者様のご希望を配慮して最適な方法をご提案します。手術内容は患者様が納得するまでご説明いたします。

マーキング

皮膚の切除量や切開線のマーキングを行っていきます。

麻酔

手術箇所に局所麻酔をする前に笑気ガスと不安の無い静脈麻酔を行い、痛みをほとんど感じずに局所麻酔を行います。

手術

  • 前額リフト:マーキングした箇所を切開し、髪の毛の生え際を切開して額の余分な皮膚を切除します。
  • こめかみリフト:全て頭髪部の中で手術を行いますので、傷はほとんど目立ちません。
  • 頬ミニリフト:耳の前の付け根ぎりぎりの部分を切開線とし頬全体を引き上げます。

術後

手術後は1~2時間程お休みをいただいてから帰宅可能です。

術後に関して

更に若々しく見えるフェイスリフト

ホホ、アゴの脂肪吸引

タルミの状態が強くホホ・アゴの脂肪が多い方は、トータルフェイスリフトSMAS法に加えて、ホホ・アゴの脂肪吸引をお勧めします。

若返り脂肪注入併用

ホホがこけてしまっている方など顔のボリュームが失われてる方には、脂肪注入法がお勧めです。ご自身の脂肪を注入するので異物反応を起すことはありません。

よくある質問

>> よくある質問はこちら <<

料金

【銀座本院】【渋谷院】

メールでのご相談・ご予約はこちら

診療科目一覧

PAGE TOP