シワ、ニキビ跡の肌質改善(パールフラクショナル)は東京銀座・渋谷の美容皮膚科シンシアへ

診療科目一覧 ― 美容皮膚科

HOME > 診療科目一覧 > 美容皮膚科 / パールフラクショナル

パールフラクショナル

パールフラクショナルとは

肌の深部・真皮層深くまで高出力のレーザーを安全に照射できるよう設計されたパールフラクショナルレーザー

こんな方にお勧めです。

  • ニキビ跡を改善したい。
  • 毛穴の開き・きめ細かさが気になる。
  • 加齢と共にシワが目立ってきた
  • 肌を若々しくハリやつやを取り戻したい。
  • 傷跡が気になる 短期間で肌質を改善したい

パールフラクショナル関連院長ブログ

体験記などはコチラにどうぞ

症例写真

パールフラクショナル 症例1

パールフラクショナル 症例1


パールフラクショナル(120mj施術) 症例2

この症例に関するDrブログはコチラ

パールフラクショナル(120mj施術) 症例2


パールフラクショナル(120mj施術) 62歳女性 症例3

パールフラクショナル(120mj施術) 62歳女性 症例3

シンシアで行うパールフラクショナルの特徴

パールフラクショナルはフラクショナルレーザーという治療に属します。(この仲間として有名なのがフラクセルやフラクセル2、アファームマルチプレックスです。)


端的に言うとフラクショナルレーザーとはレーザーを点状に照射することで古い肌を新しい肌に入れ替えていくものなのです。

(この時に使うレーザーの種類が非常に効果や副作用に強くかかわってくるのです。じつはパールフラクショナルのEr:YSGGはこのバランスが素晴らしいのです)


レーザーを照射した部分は、古い肌が取り除かれ、1週間ほどかけてまったく新しい肌に入れ替わっていきます (組織写真は施術直後)


点状にレーザーを照射しダメージを受けていない肌を多く残すことで、ダウンタイム(お肌が治癒するまでの時間)を最小限にクレーター状やシミの様になったにきび痕、しわの原因を取り除き、健康な状態にもどすことで、すべすべでハリのあるお肌を取りもどします。(組織写真は施術後4日目)


そして長期的には、レーザーの熱でお肌を刺激してあげることで、老化して少なくなったコラーゲンを増加させ、入れ替えることが可能です。お肌の表面だけではなく、皮膚の奥深くから健康を取り戻す、それがPearl Fractional™(パールフラクショナル)なのです

治療の流れ

まず、お肌のお悩みをお伺いします

皮膚の老化、ニキビ跡、傷跡、毛穴のお悩みや、肌質改善などのお悩みをお伺いします。その上でお肌の状態を充分に診察させていただきます。なおパールフラクショナルは効果が高い分だけダウンタイムのある施術ですそのダウンタイムの許容度も合わせてお伺いし最適なプログラムを考案します。

その後治療法、効果などを患者様が納得いただくまでご説明いたします。

メイクを落とし、皮膚に麻酔クリームを塗ります

シンシアではさらに痛くない点滴の麻酔をご用意しています。治療の強さによっては必須になります。

麻酔クリームを拭き取り、目の保護用ゴーグルをつけます

この目の保護用ゴーグルは治療のグレードによってはまぶたの内側に入れるコンタクト型のものを使用する場合があります。(目の周りのシワに特別に効果を出したい場合など)

ちなみにこのお写真は施術直後の様子です

治療時間は20~30 分程度です

 希望部位またはお顔全体にレーザーを点状に照射していきます。

ビタミンCとアミノ酸の導入を行いながらお肌を鎮静させます

この時、パールフラクショナルの場合は実際に微細な穴があくタイプのフラクショナルレーザーですので各種のグロースファクターやヒアルロン酸などのメソセラピー用の薬剤を使用すると効果がアップします。

お帰りの際には化粧ができません

このお写真の患者様の場合かなりの高出力であてさせていただいたので赤みが強く出ています。
数時間は火照りや熱感が、人によってはヒリヒリ感があります。
メイクやシャワーは翌日から可能です。

術後経過・ダウンタイムについて

パールフラクショナルにはかなりマイルドな照射方法(毛穴・皮膚質・小ジワをマイルドに改善)からニキビ跡や傷跡、深いシワを改善していく強力な照射方法まで様々な照射方法があります。

この違いによってまた皮膚質によってダウンタイムや経過は大きく異なってきます。 治療後に関しては保湿・紫外線防止は十分に行ってください。かゆいことがありますがこすらないようにしてください。

施術当日

赤みヒリヒリ感が出ます。腫れた感じあり。人によっては点状の出血がにじむことも。当日メイクはできません。シャワー・入浴は可能ですが長時間の入浴はお控えください。

施術翌日

ヒリヒリ感はなくなっています。赤みや腫れはまだ気になります。まくらは少し高めにした方が腫れは少ないです。

3日~1週間

赤み・腫れはほぼおさまってきます。人によっては皮膚がぼろぼろと剥離してくることもあります。
このころ少しかゆいことがありますが掻かないようにしてください

1週間~ 

肌質やニキビの跡が少しずつ改善するのが実感できます。
※出力・肌質によってはレーザーを照射した跡が部分的に長めに残る場合もあります。症状やご希望によっては2カ月程度おきに数回施術するとさらなる効果が期待できます。

オプション料金について

目周り照射(コンタクトアイガード使用) 10,000円(税別)
痛み止め点滴
※痛みの抑制効果が相当高まりますのでおススメとなります。当日眠気・吐気が出る場合があります。運転等危険な作業はできません。
アレルギー体質の方はお申し出ください。
5,000円(税別)
痛み止め筋肉注射
※痛みの抑制効果が相当高まりますのでおススメとなります。当日眠気・吐気が出る場合があります。運転等危険な作業はできません。
アレルギー体質の方はお申し出く ださい。
3,000円(税別)
プラセンタ 導入
※いろいろな種類の成長因子がバランスよく含まれています。別途同意書が必要です。
3,000円(税別)
線維芽細胞成長因子導入(FGF)日本製60000IU
※最先端の再生医療です。コラーゲンを作る細胞に働きかけてその作用を強めます。
  ハリのさらなる増加を期待できます。
10,000円(税別)
イオン導入用トラネキサム酸
※施術後の炎症を改善し色素沈着予防作用のある薬です。
 鎮静パックの際に使用し ます。
3,000円(税別)
プラスリストア日焼け止め
※施術後の日焼け止めは必ず必要です。
 炎症後色素沈着を予防するフラーレンも含まれています。
2,800円(税別)
プラセンタビタミンE軟膏
※保湿用のビタミンE軟膏に点滴用プラセンタを配合した院内処方薬品です。
3,000円(税別)
美白内服薬50日分(トラネキサム酸+ビタミンC) 
※炎症後色素沈着を防止するために是非ご使用ください。
7,000円(税別)

よくある質問

ニキビ跡には効きますか?

パールフラクショナルはレーザーを点状に照射し、熱の力によって皮膚の表面や毛穴に蓄積された古い角質を取り除き、お肌の真皮層のコラーゲンを増加させます。お肌の凸凹やニキビ跡の肌質改善には効果的な治療です。

痛みは感じますか?

痛みは個人差によって少し感じる方もいます。皮膚に麻酔クリーム塗布してから施術をおこないますが、シンシアではさらに痛くない点滴の麻酔をご用意しています。治療の強さによっては必須になります。

パールフラクショナルの治療時間はどれくらいですか?

パールフラクショナルの照射時間は20~30分ほどです。クリーム麻酔などの時間(およそ1時間)もありますので時間には余裕を持っていらしてください。

メイクはすぐできますか?

当日のメイクはできません。赤みや人によってはヒリヒリ感が伴いますが、翌日からは可能です。

入浴、シャワーは治療後当日から可能ですか?

当日から可能ですが、長時間の入浴はお控えください。

仕事をしているのですが、ダウンタイムは何日くらいありますか?

人によって異なりますが、3~6日ほどで赤みや腫れがおさまってきます。出力・肌質によってはレーザーを照射した跡が部分的に長めに残る場合もあります。

治療後に注意することはありますか?

治療後に関してはお肌がデリケートになっているので、保湿・紫外線防止は十分に行ってください。かゆいことがありますがこすらないようにしてください。

効果はいつ頃から実感できますか?

一週間ほどで、気になるニキビ跡や肌質改善の効果を感じ始めます。最終的には2~3カ月かけて効果がさらに高まります。

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ