毛髪再生治療(SAFER、ダーマペン、毛髪再生薬)は東京銀座・渋谷の美容外科シンシアへ。ベテラン院長がカウンセリングから手術・術後の経過までをしっかり診療します。

診療科目一覧 ― 美容外科 その他メニュー

SAFERダイレクト法

シンシアの自毛植毛治療 SAFER

~自分の髪を取り戻す!切らない、痛くない、傷が残らない~

自毛植毛とは

自毛植毛とは自分の毛を使って、髪の毛を増やす治療をいいます。具体的には、自分自身の健康な髪の毛を、薄毛部分に皮膚と共に移植することを指します。この治療は男性だけでなく、女性も受けることが出来ます。

こんな方にお勧めです。

  • 長期間の治療にお金をかけたくない
  • 一度の施術で結果が出る根拠のある治療をしたい
  • 痛い思いをしてまで治療したくない
  • 施術後の傷跡を残したくない
  • 一生涯生え続ける自分の毛髪を取り戻したい

シンシアの”自毛植毛” 6つのポイント

  1. 日帰り施術が可能(切らない・痛みがない)
  2. 術後の仕上がりが極めて自然
  3. 自毛だから定着率は95%以上(拒絶反応の心配もなし)
  4. 自毛だから術後のメンテナンスは不要
  5. 移植し生えた毛髪だから、育毛剤のように継続する必要がない
  6. 一度の施術で結果が出ます

自毛植毛は、国内外の専門家が評価する科学的根拠のある治療です。

シンシアの自毛植毛(SAFER)の特徴

フランスのMEDICAMAT(メディカマット)社によって開発された自毛植毛機

当院では、特許取得済み医療機器パンチヘアマチックSAFER (セイファー)を使用しております。 通常は後頭部の皮膚を切開し株分けなどを必要としますが、 セイファーは毛包単位の「採取」、「移植」と2つの施術を1台の機械で迅速行える自毛植毛機器です。日常生活を制限するダウンタイムも短くなり、患者様の負担軽減となります。

自毛植毛治療機器SAFERでの治療

FUE(Follicular Unit Extraction)と呼ばれる毛包単位(Follicular Unit=FU)を個々に採取して植毛する方法を進化させたものです。

専門の講師による、植毛システムSAFERの研修を受けた医師しか 施術することが出来ません。

移植のための毛包単位を採取を行う方法は2通りあります。

  1. FUE(Follicular Unit Extraction)
    一つ一つの毛包単位をダイレクトに採取するやり方
  2. FUT(Follicular Unit Transplantation)
    メスで頭皮を切り取って、それを人海戦術で切り出すやり方
シンシアのSAFERダイレクト法 比較項目 FUT
0.8㎜、0.9㎜、1.0㎜(まれに1.25㎜)の極細パンチを使用して毛包単位を直接頭皮から採取するため傷跡が殆どわからない。 一定の幅を持って皮膚を採取するためどんなに優れた方法を用いたとしても、必ず切り傷が残る。 体質によってはかなりの幅を持ったハゲになる。
切り傷が無いので痛みが非常に軽度。 痛み 長い切り傷は当然のことながら一定期間痛みを伴う。
採取できる場所は広範囲で、頭皮のテンションによる傷の悪化による影響を受けない。数回の施術を行うことが出来るので最終的にFUTより多くの毛包単位を採取・植毛を行うことが出来る。 毛包単位の数 最大限採取できる毛包単位の数はFUEよりも少ない。
院長が一つ一つの毛包単位を頭皮からダイレクトに、無駄なく、ダメージなく採取。株分けスタッフの技術に植毛効果が影響されない。 技術 採取した頭皮から毛包単位一つ一つに株分けする際、数人のスタッフが必要で、その技術にバラつきが見られる。
毛包単位採取時、真空吸引式でフラスコに直接収納するため、毛包単位へのダメージがない。 採取時の毛包単位へのダメージ 採取した頭皮から毛包単位を株分けする際に、ピンセットやメスで毛包単位を操作する為、ダメージが加わる。
0.8㎜、0.9㎜、1.0㎜(まれに1.25㎜)と極細パンチなので、毛包単位とともに採取される皮膚はほとんどなく頭皮への影響が少ない。 頭皮への影響 採取した頭皮から毛包単位を切り出す際、捨てる皮膚の部分があり、頭皮に負担がかかる。傷の拡大や違和感が発生することがある。
毛包単位に皮膚成分が殆ど付着していないので、移植先で皮膚の残存による細菌感染等のリスクが少ない。 細菌感染 切り出した毛包単位には、皮膚成分が残存しており、移植先で感染等の原因となる。
頭皮から直接毛包単位を採取しているため、虚血時間はFUTで行う場合の半分以下となる。毛包単位はフレッシュで生着率が高い。 移植する毛包単位へのダメージ 頭皮を帯状に採取した段階で、毛包単位は血流を遮断され細胞死が始まる。その後、株分けにかかる時間、採取した皮膚の部分を縫合している時間は毛包単位に対する血流がないので、全ての毛包単位が相当のダメージを受ける。

毛包の採取

最小限に抑えられた横断切開リスク
  • 手動のFUE技術と異なり、SAFERでは回転型穿孔機が起立筋肉の基部で停止し、真空吸引で毛包を採取します。
  • 穿孔機が毛髪に対して完全に直線的に並んでいない場合でも、毛根にダメージを与える横断切開リスクは最小限に抑えられます。
安定した真空吸引法による毛包単位の採取
  • 患者様の状態により、直径サイズを選定し吸引します。
  • 吸引方式なので、痛みのない毛包単位の採取が可能となります。
  • 回転型穿孔機で吸引した毛包は清潔に採取され、ハンドピースの溜フラスコに収容されます。
正確、快適、迅速な施術
  • 特許設計されたコントラアングル構造のハンドピースにより正確な採取が可能です。
  • 快適で迅速な施術を行うため、患者様の頭皮の質や厚みに合わせたポリエチレン製チューブを、穿孔機の上に装着しています。

毛包の移植

電空式制御による痛みのない毛包移植
  • 毛包単位の移植は、ハンドピース上ピストンを、穿孔機で作られた極小切断部あるいは穿孔部に押し込むことによって行います。
  • 毛包単位の処置に痛みはありません。
正確、快適、迅速な施術
  • ピストンの軌道により一定の深さへの正確な毛包単位の移植が可能です。
  • 移植の際、圧力がかかりませんのでポッピングのリスクがありません。
素早く目立たない治療
  • 植毛部位の毛包単位の傷は、目立たず痛みを伴うこともありません。
  • 施術後の拒絶反応もなく、治癒も早いので社会活動の制限もありません。

自身の毛包単位を移植し生えてきた毛髪は、質感や色もごく自然なものとなり、周囲の毛の流れに合わせて移植することで、ご希望の毛髪の流れを作ることも出来ます。毛包単位の採取による傷跡も直径1mm程度ですので、とくに縫合の必要はなく、3~7日程度で治癒します。移植された毛髪は、場所が変わっても抜けない性質を保っていますので、生涯生え変わり続けます。移植毛の性質を「ドナードミナント」といい、毛髪だけではなく眉毛やヒゲなど、あらゆる部位にもあてはまります。

メンテナンスの必要無し
  • 人工植毛や増毛法と違い、一度生着すれば自分の毛髪と同じように育ち続けていきます。
  • シャワーや温泉、汗をかくスポーツなども気兼ねなく楽しめます。
  • 普段どおりの日常生活を送ることができます。
毛包単位とは…
  • 毛髪の成長に非常に重要な組織で、毛根を包んでいるさや状の部分を言います。
  • 1つの部位から1本の毛が生えているだけでなく、通常2~4本程度の毛が生えているものがあります。
  • この2~4本程度の毛を含んだものを毛包単位といいます。

治療の流れ

無料カウンセリング・デザイン

具体的なお悩みをお伺いして、どのような治療が一番良いかご提案致します。自然な毛髪になるよう、ご要望を取りれながら医師がデザイン・アドバイスを行います。植毛治療・効果に対する質問には何でもお答えいたします。

採取する部位の毛髪を整え、麻酔

毛包単位を採取するため、後頭部または側頭部の毛髪を短く整えます。
その後、採取する箇所に局所麻酔をします。

施術・毛包単位の採取

毛包単位の採取を行います。真空吸引で毛包を採取しますので、毛根にダメージを与える横断切開リスクは最小限に抑えられます。状態により直径サイズを選定し吸引しています。
※シンシアSAFERダイレクトは吸引方式なので、痛みのない毛包単位の採取が可能です。

施術・毛包単位の移植

毛包単位の移植を行います。
ハンドピース上ピストンを、穿孔機で作られた極小切断部あるいは穿孔部に押し込むことによって行います。毛包単位の処置は出血も少なく、痛みもありません。移植の際に余計な人為的圧力がかからないので、周りの毛が飛び出してしまうポッピングというリスクも少なくなっています。

アフターケア

自毛植毛にアフターケアは特にありません。
ただ、洗髪や生活習慣について気を付けなければならないことがいくつかあります。

施術後の生活について

施術当日~

  • 施術当日の洗髪は控えて下さい。
  • 長時間の入浴や熱いお湯に入るのは控えて下さい。
  • 当日のアルコールは控えて下さい。
    (定着に影響がありますので最低1週間は控えることをおすすめします。)
  • 運動やタバコは医師の許可が出るまで控えて下さい。
  • 頭に何かをかぶる必要があるときには医師にご相談下さい。

~2週間

  • 施術後1週間は、施術部位はこすらないようご注意下さい。
  • 日常生活での制限はありませんが、激しいスポーツ等は控えて下さい。
  • 洗髪後はドライヤーでよく乾かして下さい。

~1か月

  • パーマやカラーリング、整髪料の使用も可能です。

~約3か月

  • 新たな毛髪が生え始めます。始めは細く量も少ないのですが、だんだん自分の毛髪に近づいてきます。

洗髪について

  • 施術から1週間は、移植した箇所は、弱くしたシャワーで流すように洗って下さい。
  • 移植した箇所以外はシャンプーを使用しても構いません。
  • 洗髪後は、タオルで擦らずドライヤーで優しく乾かして下さい。
  • 施術から1週間位は、毛包単位が定着していますので、かさぶたを剥がさないよう注意しながら、シャンプーを使用し優しく洗髪して下さい。
    ※毛包単位で移植するため、生え変わる期間に一時的に毛が抜ける場合がございます。
    (抜ける時期や生えてくるまでの期間、量等には個人差がございます。)
  • 施術から2週間は普段通りの洗髪が可能です。

施術後の脱毛について

自毛植毛の施術後には脱毛症状が起こる場合がございます。この脱毛症状とは、移植した部分に新たな毛髪が生えてくることで起きる症状です。どうぞご安心下さい。脱毛症状があっても毛包単位は定着しており、新たな毛髪が生えてきます

症例写真

症例1 24歳・男性;生え際500株

この症例に関する院長のブログはコチラ


症例2.41歳・男性;頭頂部600株

この症例に関する院長のブログはコチラ

ご相談・ご予約

よくある質問

▼ 施術前の質問

痛みはありますか?

シンシアSAFERダイレクトは、施術を行う際に局所麻酔を行いますので、麻酔を行う際にだけ注射針のチクッとした痛みがあります。麻酔が効いたあとに行う、採取や移植で痛みを感じることはありません。施術後に毛包単位を採取した箇所が多少痛む場合がございます。心配な方は痛み止めを処方いたしますのでお申し出下さい。

リスクはありますか?

シンシアSAFERダイレクトは、患者様の負担を可能な限り抑えた安心安全な施術ですが、どんな施術にも言えるように100%安全ということではありません。
また、FUTのような大きな切り傷は残りませんが、毛包単位を採取した部分には、毛髪を剃ると分かるくらいの小さな点の跡が残ります。
まれに植毛部分に麻痺や腫れが出る可能性もありますが、これは1週間程度で治まります。

カウンセリング当日の施術は可能ですか?

申し訳ございませんが当日の施術はお受けいたしかねます。施術の準備や術前検査もございますので、カウンセリングの後、改めて施術する日を決定いたします。

施術時間はどのくらいかかりますか?

患者様の薄毛・脱毛や頭皮の状態によって個人差がございます。
詳しくは無料カウンセリングでご相談下さい。

どのくらいの毛髪を移植できるのですか?

1度の施術で自毛植毛できる毛髪の量には限界があります。これは、時間が長くかかると植毛する毛包単位に損傷を与えてしまう、毛髪の間隔をあける必要がある、体への負担が大きい等の理由があります。一度の自毛植毛では500~2,000本程度の植毛を行うのが一般的です。薄毛・脱毛の範囲が広くこの量では足りない方は、数回に分けることで4,000~5,000本程度の植毛も可能です。

長髪でも施術できますか?

自毛植毛する際は、採取する箇所の毛髪を短くします。一度毛包単位が定着してしまえば自分の毛髪が生え続けますので、定着後にはもっと素敵なスタイルの長髪を楽しむことができます。

毛髪はすぐに生え揃いますか?

植毛した毛髪は1か月程度経過した頃に一度抜け落ちます。(抜ける時期、量等には個人差があります。)その後、また発毛してきますが、周りの毛髪と同じ程度の太さに育つには6か月程かかるのが一般的です。

生え際は不自然になりませんか?

生え際の自毛植毛は、高い技術と経験そしてセンスが必要な施術です。シンシアSAFERダイレクトは自分の毛髪を利用する植毛方法ですので、毛髪は周りの毛になじみ違和感を感じることはありません。カウンセリングの際、患者様のご要望をお聞きし、薄毛・脱毛や頭皮の状態を加味しながら美しいラインに仕上がるようデザインします。他院で行った植毛で、生え際のラインにご満足いかなかった方のご相談も多数ございますが、当院での修正施術も行っております。シンシアSAFERダイレクトなら、仕上がりの難しい生え際も理想的なラインを作ることができます。お一人で悩んで諦めず、どうぞお気軽にご相談下さい。

脱毛が進行中でも大丈夫ですか?

薄毛・脱毛は進行していくため、初期の段階で植毛した場合は、周囲の進行していく薄毛・脱毛に対し、植毛した部分だけ髪の毛が残ることになります。ある程度落ち着いた段階で施術されることをお勧めいたします。

円形脱毛症も治療できますか?

自毛植毛は、男性型脱毛症の薄毛・脱毛に対しての治療法です。円形脱毛症は、毛髪のサイクルで新たな毛髪が生えてきますので、植毛の必要はないと考えます。

女性の植毛もできますか?

女性の方でも男性型脱毛症の患者様はいらっしゃいます。患者様の状態を見てから医師が判断いたしますので、無料カウンセリングにて一度ご相談下さい。

▼ 施術後の質問

施術後の洗髪はできますか?

施術から1週間は、移植した箇所を弱くしたシャワーで流すように洗って下さい。移植した箇所以外はシャンプーを使用しても構いませんが、毛包単位が定着していますので、かさぶたを剥がさないよう注意しながら、優しく洗髪して下さい。洗髪後は、タオルで擦らずドライヤーで優しく乾かして下さい。※毛包単位で移植するため、生え変わる期間に一時的に毛が抜ける場合がございますがご安心下さい。(抜ける時期や生えてくるまでの期間、量などには個人差がございます。)施術から2週間は、普段通りの洗髪が可能です。

アルコール、タバコは控えた方がよいのですか?

当日のアルコールは控えましょう。定着に影響がありますので、施術後1~2週間は控えることをお勧めします。運動やタバコは医師の許可が出るまで控えましょう。

施術後の通院は必要ですか?

通院は特に必要ありませんが、気になることがある方はご来院下さい。

仕事はいつから復帰できますか?

基本的には翌日から可能です。M字の薄毛・脱毛などでお顔に近い部分の施術をされた場合、施術後の数日間腫れが出る場合がございます。激しいスポーツや体を使うお仕事は1~2週間はお休みすることをお勧めします。

施術後に帽子やかつらはかぶれますか?

基本的には施術後3日目頃からご使用いただけます。移植した箇所を傷つけたり擦ったりしないよう気をつけてご使用下さい。

毛包単位を採取した箇所の傷は目立ちますか?

FUTのような大きな切り傷は残りませんが、毛包単位を採取した部分には、毛髪を剃ると分かるくらいの小さな点の跡が残ります。

施術後に髪が抜けるのはなぜですか?

移植した毛髪が新たな毛髪に生まれ変わるために起きる現象です。これはその後2~3ヶ月程度で生え始めます。また、移植した箇所に元から生えていた毛髪が、植毛の影響で抜け落ちてしまう「ショックロス」という現象があります。この場合も、抜け落ちた毛髪はまた生えてきますので心配する必要はありません。

自毛植毛をした部分はもう禿げませんか?

きちんと定着できずに抜け落ちてしまう毛髪も多少あるのですが、移植された毛髪は場所が変わっても抜けない性質を保っていますので、男性型脱毛症の影響を受けることなく生え変わり続けます。ただし、移植した箇所に元からある毛髪に関しては、男性型脱毛症の影響を受けていますので抜け落ちてしまう可能性があります。

施術後に他の箇所が禿げてきたら再度施術はできますか?

施術自体は可能です。ただし、植毛したことによる脱毛(ショックロス)の可能性もあるため、最低6ヶ月程度は様子を見た方が無難です。

植毛の定着率を高めるために気を付けることはありますか?

施術後も頭皮の清潔を維持する。ストレスの緩和、睡眠時間の確保、バランスの良い食事を摂る等があげられます。生活習慣を見直すことは、健康な毛髪を育てるのに大切なことです。

料金

ご相談・ご予約

美容外科

ドクター紹介 ・プライバシーポリシー ・未成年の方へ ・モニター募集 ・リクルート情報 ・サイトマップ ・お問い合わせ